同じやるなら全力で
OkamotoYasuyo.com
おうちごはん

母業の真骨頂。

いつの世も、全ての頑張る人たちへ。
心からのエールと心からのリスペクトを。
一人じゃないから、頑張れる。

世の中の母ちゃん達が、頑張っていると思うと途端に力が湧いてくる。

自分だけじゃないんだ!と思えることが、何よりの起爆剤。

朝には朝の、夜には夜のお勤めがある。

本職である母業がヤッスバーンを待っていた。

行かねばならぬ会議があるのだ。

片付けしやすいようにと、重箱のチカラを借りた台所番長、夜の陣。

※ニラとえのき茸の酢の物
※アジのみりん干し
※ナスの揚げ浸し
※軟骨とジャガイモのトンコツ風(ミソ煮)
※そうせいじ
※添え野菜
※アオサと豆腐の味噌汁
※玄米

いつも悩んでしまうメニュー。

コーマル渾身のピアノレッスンの傍で、台所番長はメニューのイメージを固めるのが常となった。

コーマルとの時間もかけがえのない時間であるのに、
1時間後には家を出る態勢を整えなければならないことを考えると、
台所番長の心は急いていた。

焦ったり、落ち着かない時は、
その日の楽しかったこと、嬉しかったことを思い出すと、
不思議と心が落ち着く習性を持つヤッスバーン。

朝のことを、思い出した。
今日のロケでは、現場のチームにたくさん刺激をもらった。

一言では言い尽くせないほどの面白さがあった。

ロケについては改めて記すとして、重箱弁当を仕上げて、
駆け足で準備を進める台所番長。

そこへ、タイ兄貴が帰ってきた。

嬉しそうにキッチンを覗き込んできた。

胃袋戦隊も、重箱弁当への感度は良好。

『おかえりなさい!ちょっと指導者研修会に行ってくるからー!』

『ありがとうございます!宜しくお願いします!』

そうなのだ。
夜のお勤めとは、仕事でも、ロケでもない。

少年団の指導者研修会。

↑そういえば私ったら育成会会長(遠い目。笑)

会場には、100人を超える少年団関係者が集まっていた。

みーんなお母ちゃん。
仕事もしてるだろうし、小さいお子さんもいらっしゃる。

やることいっぱいある中で、少年団を通じて
子供達の成長を感じることを楽しみに、親業に精を出す。

みんな同じ。

少年団活動における親業をハードル高く感じてしまうこともよくある話だけれど、
この中にいると、そんなに思ってしまっていた自分を恥ずかしく感じてしまう。

人は間違いなく環境動物。

環境で、人は育つ。親も子も。

この環境に出会えたことも、きっとお役目を頂いたからこそ。

出来ることを、出来る限り全うしたいと心に決めた満月の夜。

よし。明日も精一杯頑張ろう。
今日という日に、ありがとう。

【2015年6月4日 「重箱弁当@魂の親業」より】

 

ABOUT ME
岡本安代
鹿児島を拠点に全国で活動するリアクション大きめのフリーアナウンサー。元鹿児島読売テレビアナウンサー。大家族率いるパワフルアナウンサーママとして日本テレビ系バラエティ番組「人生が変わる1分間の深イイ話」で密着放送以来、愛と元気溢れる肝っ玉母ちゃんぶりが全国的に注目される。5人の子育て経験を生かし、家事と育児と仕事の両立するための独自のマネジメント術が全国で話題となり、全国で行う講演会は、「聞いた瞬間から元気になれる」「明日が変わる」とリピーター続出、総講演回数1000回を超える。言葉の力「安代塾」主宰。メディア出演、司会業の他、朗読、演劇活動も行う絶賛子育て満開中の5人の子育てママウンサー。