同じやるなら全力で‼️
子育ては、己育て、個育て
子育てエッセイ

たったひとりの妹。

いつも変わらない会話や風景も、
流れる年月とともに、尊く思えるものですね。

たったひとりの妹

ついに7月に突入しました。
時の流れの早さに驚いています。
今年ももう下半期がスタート。
あっという間に「今年もあと残りわずか・・・
なんて言う時期がくるのでしょうか。

我が家はとりわけ5~7月にイベントが集中しています。
結婚記念日に、誕生日と目白押し。
さらには父の日、母の日などを入れるとほぼ毎週のように
パーティーが開催されます。
ただ、パーティーといっても
非日常的な豪華な食事というのではなく、
単なる普通の食卓の最後に「パーティー」と付けているだけですが…(笑)

たこやきパーティー、ピザパーティー。という風に
何気ない食事でも「パーティー」と付けるだけで、
家族みんなのテンションが上がるから不思議です。
ネーミングって大切ですね。

実は、ブログを書いている今日も、長男の誕生日ということで
パーティーナイトが待っています。母さん、ヒマ無し!(;^_^A
頑張ります!

さて、今日はパーティーを通して出会った「たったひとりの妹」について
お話したいと思います。

先週、我が家の次女が9回目の誕生日を迎えました。
次女は5人兄弟のちょうど真ん中の女の子。
日頃は姉兄、2人の弟達に圧倒されてしまいがちの次女ですが、
この日だけは家族みんなが、次女をお姫様のように敬います。(笑)

「お誕生日おめでとう!」
「もう9歳かーー!早いねーーー!」
「これからも頑張ってねーーー!」

朝から次女へのおめでとうのメッセージが行き交います。
この光景は何年たっても格別のもの。

お互いがそれぞれに年を重ねても必ず交わされる
心からの「おめでとう」と「ありがとう」に、
両親である私たち夫婦はいつも心癒されるのです。

女の子が誕生日を迎えると、必ずプレゼントされるパパからの花束。

「お誕生日おめでとう!」手渡されると、照れくさそうに笑う娘。
何気ない小さな花束のプレゼントも、今日だけ特別。
誕生日だけは誰からも憚られず、
家族全員からのおもてなしを受けられるという特別な日。

夕食のメニューも、徹底的にリクエストに応えたスペシャルメニューです。

お誕生日のプレゼントは、手作りの物やお手紙が主流。
パーティーでの話題も誕生日ならでは。

食卓を囲んで家族みんなで娘の大好きポイントを発表し合います。
「じゃあ、いくよー!
みーたん(次女)のいいところを言い尽くせ!ゲーム!」

まるでテーブルゲームのように始まる、この日だけの家族褒め尽くし!

兄「いつも笑い声が大きいところ!!」

姉「みんなに優しい!」
弟「よく食べる!」

なかには、それ、褒めてる?と思ってしまうのもありますが、
家族の一体感が心地よかったりもするのです。

日頃なかなか主役になりきれない、5人兄弟のちょうど真ん中の次女。
だからこそ喜びもひとしおなのでしょう。

パーティーの最後に次女から配られたお礼のお手紙には、
「お誕生日をお祝いしてくれてありがとう」の想いが詰まっていました。

パーティーが終わった後も、じっと眺めていた一通の手紙。
それは姉から、たったひとりの妹へ宛てたバースデーメッセージでした。

■お誕生日おめでとう。なぜかみーたんにはプレゼントする時に
「がんばろう!」と思うんだよね。たったひとりの妹だからかな。
今回もがんばったよ。大事にしてね♥
もう9歳かーー。。
あの小さい頃のみーたん、もどってこないかな(笑)今もかわいいよ。
いつも姉ちゃんを大好きでいてくれてありがとう。これからも仲良くしていこうね☆
姉ちゃんも9歳の頃は大好きな先生に出会ったりと色々な経験をしました。
みーたんも出会いを大切にして(難しく言うと「一期一会!」)
整理整頓が出来るようにがんばれ!(お勉強も兄ちゃんを抜いてね!)
応援してます!大好きだよ。

姉から妹に向けられた手紙。
姉は、自分のお小遣いから妹好みのペンを買い、プレゼントしていました。
もう3ヶ月も前から、妹のために準備をしていたのを母は知っていました。

たったひとりの妹に、たったひとりの姉。
小さな姉妹のお互いを大切に思う心に
母の胸がキュンとなるのを感じました。
いずれ2人は大きくなる。
お互いに離ればなれになる日がくるかもしれない。
話したくても近くにいないかもしれない。
今この瞬間に想いを伝え合う2人がとても尊く思えました。

私にもたったひとりの妹がいます。
小さい頃は、いつだって姉の後ろをついて回っていた妹。
大人になり、今はなんでも言い合える同志となった妹。

互いに別々の道を歩みだした今、
言葉にして伝えてないことがたくさんあるような、そんな気がして
無性に妹に「ありがとう」を伝えたくなった夜。
小さな姉妹に、忘れかけた何かを思い出させてもらった気がした母です。

いつでも言えることだと思っていたのに
大人になればなるほど、どこかくすぐったくて言えなくなる言葉がたくさんある。

思い立った時に、なるべく伝えたい。
ありがとう。大好き。
あなたがいてくれて、よかった。

【2014年7月 うぇぶ・ひだまりより「たったひとりの妹」】

ABOUT ME
岡本安代
鹿児島を拠点に全国で活動するリアクション大きめのフリーアナウンサー。元鹿児島読売テレビアナウンサー。大家族率いるパワフルアナウンサーママとして日本テレビ系バラエティ番組「人生が変わる1分間の深イイ話」で密着放送以来、愛と元気溢れる肝っ玉母ちゃんぶりが全国的に注目される。5人の子育て経験を生かし、家事と育児と仕事の両立するための独自のマネジメント術が全国で話題となり、全国で行う講演会は、「聞いた瞬間から元気になれる」「明日が変わる」とリピーター続出、総講演回数1000回を超える。言葉の力「安代塾」主宰。メディア出演、司会業の他、朗読、演劇活動も行う絶賛子育て満開中の5人の子育てママウンサー。