岡本安代 OFFICIAL WEBSITE
子育ては、個育て、己育て。
オモウコト

夢で逢いましょう。

これは今から11年前の回想録です。

みなさん、ご無沙汰しております。
3ヶ月ぶりのブログ更新、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
最後のブログは6月4日。私はその次の日に実弟とお別れしました。

とにかく大きい男でした。

心も体も。

友達の数は、私の10倍。
身長=私+0.4メートル
体重=私の3倍。

四十九日の日。弟の親友が私に教えてくれました。
「アイツのパソコンの暗証番号、この8ケタの数字でした」

下4桁は弟の誕生日。
上4桁は・・・私の誕生日でした。

私は、涙が止まりませんでした。
声をあげて、泣きました。

写真を抱いて、泣きました。
何度も何度も弟の名前を呼びました。

ケンカばかりしていたけれど、1番の同志でした。
葬儀にはたくさんの方に来ていただきました。
心より感謝申し上げます。

この夏、私は毎日、弟の曲を毎日聞いて過ごしています。
我が子らはCDに合わせて歌えるまでになりました。

1日1日を悔いのないよう、過ごしていきたい。

生きる奇跡を感じています。
弟よ、ありがとう。

夢でまた会おうね。

姉ちゃんね、あなたともう2度と会えなくなったあの日から、
あなたに会いたくてたまらない。

高校時代、音楽に目覚めて上京。
大学に通いながら、仕事しながら、音作りに没頭し、
インディーズではあるけれど悲願のCDデビュー。
弾んだ声で姉に報告してきたことが、ついこの前のことのように思い出されます。

結婚を約束していた彼女の名前には、
母の名前と私の名前が1文字ずつ入っています。

彼女の名前を見るたびに、
彼女しか知らない、弟の穏やかな顔が偲ばれて、やさしい気持ちになります。

もっと一緒にいればよかった・・・。
弟よ、私は君の姉であることを誇りに思います。
残された姉と妹で、しっかり両親を支えていきます。

みなさま、どうか後悔なきようにお過ごし下さい。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

【2010年8月29日 「夢で逢いましょう」より】


彼はいつだって侍のようだった。

ありがとう、同志。

 

 

ABOUT ME
岡本安代
鹿児島を拠点に全国で活動するリアクション大きめのフリーアナウンサー。元鹿児島読売テレビアナウンサー。大家族率いるパワフルアナウンサーママとして日本テレビ系バラエティ番組「人生が変わる1分間の深イイ話」で密着放送以来、愛と元気溢れる肝っ玉母ちゃんぶりが全国的に注目される。5人の子育て経験を生かし、家事と育児と仕事の両立するための独自のマネジメント術が全国で話題となり、全国で行う講演会は、「聞いた瞬間から元気になれる」「明日が変わる」とリピーター続出、総講演回数1000回を超える。言葉の力「安代塾」主宰。メディア出演、司会業の他、朗読、演劇活動も行う絶賛子育て満開中の5人の子育てママウンサー。