岡本安代 OFFICIAL WEBSITE
子育ては、個育て、己育て。
オモウコト

胸がキュンとした長女の気持ち。

辛いですねぇぇ…高温多湿のこの気候。
そろそろエアコンがつけたくなります…この季節。
しかし!しかし!叫ばれる地球環境。
エコに努めなくてはなりません。地球にエーコとしなくてはなりません。

エアコンのスイッチを入れることは簡単なこと。
しかし!しかし!ここで易きに流れてしまえばきっとエコテロリスト。

ここはぐっとこらえ、1歳の末っ子と汗だくになりながら、
この汗こそが、自然との共生につながるのであろうと言い聞かせつつ、
早く涼しい夜よ来い!と無責任にもひたすら願うのであります。
(もちろん熱中症には気をつけなければなりません。)

末子が泣けば、「汗をかくから、泣いてくれるな」と懇願し、
激しく笑えば、「汗をかくから、笑いすぎるな」と、
なんとも理不尽な祈りを込める母。一生懸命と理不尽と隣り合わせの毎日。
暑さなどはまだまだ序の口。
これからサウナのような鹿児島の夏がやってくるのであります。

そんな汗だくの心に癒しの光を灯してくれるのが、新生児。(←急ですが)

先日、新たな命の誕生のニュースに心躍らせながら、
早速、顔を拝ませていただいたのですが、かわいすぎるのでございます。

昔話の中でも、赤ちゃんだけは襲わなかったという鬼の気持ちが分かります。
我が末っ子セーマンは1歳を迎え、世の中的にはまだ赤ちゃんの部類でしょうが、
生まれたての新生児とは、全くの別のもので、まさに成長のビフォー、アフター。
産声の柔らかい泣き声は1年経ったら雄叫びと変わるのかと学習した母。

しばし「新生児スキスキシンドローム」に陥った三十路の初夏です。

母 「ねぇ、赤ちゃんってかわいいよねぇ♪また赤ちゃん欲しい?」
長女 「いい。セーマンで十分。」(きっぱり) 
母 「あ、そう…(ちょっとションボリ)赤ちゃん欲しくない?」

長女 「いや。これ以上生まれてもアタシ面倒見きれないから。」
(またしても即答)


母 「えーー?そんなに大変?」

長女 「うん!だって、アタシはミーたん(次女)ちゃんでしょ。
タイ(長男)はセーマン(次男)でしょ。
次赤ちゃん生まれたら、誰が面倒見るの?」

母 「ママがいるじゃーーーーん!!」

長女 「でも一番大変になるのは、私だもん。」(母を一蹴)

長女よ。君はまだ6歳。
3ヶ月前まで幼稚園行ってたはずであるのは間違いない。

私はれっきとした君の保護者。
君のお世話を今でもやってるつもりである。
育児に家事にかんばっているつもりだ。

しかし、長女にとっては、そんなの関係ないわけで。。。。

「6歳の 長女に撃沈 母しょんぼり」
(喜ぶと思い、ノリノリで相談するも一蹴され
君も子供だぞと応戦したい思いに駆られつつも、実際に思い当たるところも少なからずあるために、強くいえない自分が悲しいぞ、の句)

ともかく長女、6歳ながら、頑張ってます。
母が言うのもなんですが、、、頼りになります。(頼りにしてます。)

最後につぶやいた長女の一言が忘れられず、ここに記しておくことにしました。

「赤ちゃん生まれるとき、ママ、入院しちゃって、一緒にいられなくなるから、寂しいもん・・・」

その言葉を聞いて、思いっきり抱きしめた夜。
かわいいこと言ってくれるじゃないの。

しっかりしていても、子どもはこども。繊細なこども心がありました。
でもでもでもでも、、、、、まずそこを先に言いなさいよ。
んねぇぇ、
うふふ。

岡本家の日常にいつもお付き合いいただき、
ありがとうございます。
皆々様の幸多からんことを心よりお祈り申し上げております!

【2008年6月24日 「母撃沈・・・」より】

追記:この数ヶ月後、セーマンが歩くようになった頃、カンPたちは赤ちゃんが欲しいと願うようになりました。そして1年半後の長女カンP8歳の時、三男コーマルが生まれました。誰よりも喜んだのは長女カンP。お世話に精を出し可愛がってくれました。

 

 

ABOUT ME
岡本安代
鹿児島を拠点に全国で活動するリアクション大きめのフリーアナウンサー。元鹿児島読売テレビアナウンサー。大家族率いるパワフルアナウンサーママとして日本テレビ系バラエティ番組「人生が変わる1分間の深イイ話」で密着放送以来、愛と元気溢れる肝っ玉母ちゃんぶりが全国的に注目される。5人の子育て経験を生かし、家事と育児と仕事の両立するための独自のマネジメント術が全国で話題となり、全国で行う講演会は、「聞いた瞬間から元気になれる」「明日が変わる」とリピーター続出、総講演回数1000回を超える。言葉の力「安代塾」主宰。メディア出演、司会業の他、朗読、演劇活動も行う絶賛子育て満開中の5人の子育てママウンサー。