同じやるなら全力で‼️
子育ては、己育て、個育て
子育てエッセイ

ママがご飯を作る時代は終わった?!

いつもご訪問ありがとうございます。
きょうもいいお天気の鹿児島からお届けします。

中2の息子セーマンがオンライン授業での出来事です。

テストを終え、
採点を終えた答案用紙を生徒たちに配りながら先生がおっしゃいました。

「みんな点数に一喜一憂しているが、いいかい?大事なのは点数じゃない。
自分はどう考えてこの答えに至ったのか、どのように自分の思考は変化していったのか、
答案用紙には自分自身の頭の中が詰まっている。答案を見れば何をどう考えたのかすぐわかる。しっかり見つめ直して、次に繋げることが大切。答えだけがあっていればいいという答案は必要ない。テストだけで判断する時代は、もう終わったんだ。」

なるほど。確かに。

結果として見る点数ももちろん大切だけれど、
点数至上主義の時代は終わったのだろうと思う。

時代と共に、教育のあり方も、社会生活のあり方も確実に変わっていて、
みんな変化とともに生きていくのだろうと思う。

先生の話にじっと耳を傾けていたセーマン。

とある日。

仕事でバタバタしながら帰宅し、慌ててご飯を作りつつも、
疲れた表情を隠しきれなかった母に
次男セーマンが言いました。

image

「母上、休んでいてください。疲れているでしょう?」

母は言いました。

「ありがとう。大丈夫。ご飯は作らなくっちゃ。これがママの1番のお仕事だから。」

すると思いもかけない言葉が返ってきました。

「母上、そんな時代はもうとっくに終わりましたよ!できる人がやればいい。」

なんと男前な・・・・。
時代の流れに飲まれることなく、常に先に行く子供達。

次男セーマン中2の秋のことです。

音声はこちら。

 

■最後にポチッとお願いします。

 

ABOUT ME
岡本安代
鹿児島を拠点に全国で活動するリアクション大きめのフリーアナウンサー。元鹿児島読売テレビアナウンサー。大家族率いるパワフルアナウンサーママとして日本テレビ系バラエティ番組「人生が変わる1分間の深イイ話」で密着放送以来、愛と元気溢れる肝っ玉母ちゃんぶりが全国的に注目される。5人の子育て経験を生かし、家事と育児と仕事の両立するための独自のマネジメント術が全国で話題となり、全国で行う講演会は、「聞いた瞬間から元気になれる」「明日が変わる」とリピーター続出、総講演回数1000回を超える。言葉の力「安代塾」主宰。メディア出演、司会業の他、朗読、演劇活動も行う絶賛子育て満開中の5人の子育てママウンサー。