岡本安代 Official Website
5人の子育てママウンサー 全力で今を生きる
おうちごはん

5:プロフェッショナル・坊主の流儀⁉️

少年を救った姉の言葉

 

コーマル「どうしよう・・・(>_<)野菜炒め作ったらいつもみんな喜んでくれるから、野菜炒めを作ろうって思って・・」

カンちゃん「キュウリ切ってたの?」

コーマル「・・・うん。」

頭の中では野菜炒めを作ろうと、全力を傾けていた料理戦士コーマル。

 

でも実際の手元は、いつも作り慣れている定番のキュウリのコールスローに一直線。

習慣という威力は実に凄まじい。

コーマル「・・・どうしよう(゚ー゚;」

コーマルは、すがるように姉を見た。

カンちゃん「いいよ、いいよ!どっちも作ればいいじゃん!コーマルなら、すぐ出来るよ!」

コーマルは「え?!いいんですか?!どっちも作っても…」

カンちゃん「逆にみんな喜ぶと思うよー!コーの美味しい料理をどっちも食べられるんだから!
あ、冷蔵庫にカニカマあったから、キュウリコールスローに入れてみたら?もっと美味しくなりそうじゃない?」

コーマル「うわー!カン姉ちゃん、すご〜い!さすがー!」

さっきまでのコーマルの焦りに似た表情が一転、早くどちらも作りたくてウズウズしているかのように、声が弾んでいた。

温かな姉心。

 

カンちゃんからカニカマを受け取ったコーマルの表情は、
これでもかというほど、目がキランキランしていたという。(カンちゃん談)

そんなカンちゃんが、今回全ての写真を撮ってくれているが、
記録を綴りながら、思いがけず 姉目線をダイレクトに感じることができ、
母は思わずニヤけてしまった。

姉も、弟をとても愛おしく想い、慈しんでくれているんだと思うと、
胸が熱くなった。

仕切り直して、コーマルは、野菜炒めに取り掛かった。

キュウリをそこまで切っておきながら、まさかの野菜炒めかーい!と心でツッコミながら、母は遠くからその行く末を見守った。

もう外はだいぶ暗くなってきた。
それは、コーマルが料理を始めてからだいぶ時が流れていることを表していた。

プロフェッショナル坊主の流儀。

一番仲良しの直近の兄セーマンが帰宅した。

汗だくの体を清め、お風呂に入って、陣中見舞い。

セーマン「お?!コーマルー!何作ってるの?!すごいねー!」

いつもなら、コーマルは全てを投げ出し、大好きなお兄ちゃんセーマンとハグして走り回って大騒ぎするところだが、今日ばかりは違っていた。

兄の全力ハグにも背中で返事をする。

 

まさかのプロフェッショナルコーマルの流儀。

コーマル「よーし!野菜炒めできた!お皿、なんでもいいですか?!」

どうぞどうぞー。木の皿とか、どうぞー。

コーマル「ありがとうございますー!盛り付けますねー!」

ようやっと3品目のゴールが見えた。

コーマルの定番レシピ。じっくり弱火でキャベツの野菜炒めが完成。

コーマル「えーっと、パパは一番多めに・・次にタイ兄ちゃん・・・」

ブツブツ呟きながら、一皿一皿盛り付けていく。

コーマル「カン姉ちゃんはそんなに食べないですよね。最近・・・」

・・・笑。

5人兄弟の末っ子あるある。想像以上によく見える 。よく見てる。

7人家族で一番若い末っ子コーマル。
下から見上げる家族の様子はどんなものなのだろう。

呟きの中に、末っ子としてのコーマルを垣間見たようで、嬉しくなった。

コーマル、いいぞ。大したもんだ!あともう少しだ。頑張れ。

 

母は待つぞ。姉も兄も、みんな待っているぞ。
いつもの夕飯時刻はゆうに過ぎていた。

それでもみんな何もいわず、あえて手を貸さず待ち続ける。

それが姉と兄からのコーマルへのエールだった。
すでに料理始めから3時間が経過していた。

(次に続く→)

【2018年8月4日 「姉の言葉と弟の目のきらめきと」より】

Please follow me!!

最新の情報をお伝えします

ABOUT ME
岡本安代
鹿児島を拠点に全国で活動するリアクション大きめのフリーアナウンサー。元鹿児島読売テレビアナウンサー。大家族率いるパワフルアナウンサーママとして日本テレビ系バラエティ番組「人生が変わる1分間の深イイ話」で密着放送以来、愛と元気溢れる肝っ玉母ちゃんぶりが全国的に注目される。5人の子育て経験を生かし、家事と育児と仕事の両立するための独自のマネジメント術が全国で話題となり、全国で行う講演会は、「聞いた瞬間から元気になれる」「明日が変わる」とリピーター続出、総講演回数1000回を超える。言葉の力「安代塾」主宰。メディア出演、司会業の他、朗読、演劇活動も行う絶賛子育て満開中の5人の子育てママウンサー。