岡本安代 Official Website
5人の子育てママウンサー 全力で今を生きる
おうちごはん

6:冷めたら、ダメですか?

 

待つ、ということ。

いつもの夕飯時刻はゆうに過ぎていた。
それでもみんな何もいわず、あえて手を貸さず待ち続ける。

それが姉と兄からのコーマルへのエール。

 

最初に取り掛かったソーセージ焼きが、もうだいぶ昔のことに感じる。

ソーセージに向き合ったあの瞬間から3時間。

imageimage

卵焼きからは2時間が経過し

imageimage

 

キャベツの野菜炒めからは、すでに3時間が経過していた。

imageimage

 

写真を並べてみると、その窓明りから時間の経過がよくわかる。

確実に、夜は更けていた。

冷めたら、ダメですか?

 

調理に時間がかかる、
というわけでなく、何を作ろうか、そして、どうやって作ろうか、どう切ろうか、
どれくらい作ろうかという、悩み考えることにどうしても時間がかかってしまうのだ。

image

ふと、時計に目をやったコーマルはその時間経過を初めて自覚することになる。

コーマル「うわっ!もうこんな時間?!」

時を同じくしてコーマルは、一つの不安を抱き始めていた。

コーマル「ママー、もう全部冷えちゃった・・・せっかく作ったのに、美味しくなくなっちゃったかもしれない。。。」

そんなことないよ。大丈夫よー!コーマル!

・・・じゃあ、質問です。(なぜかブルゾン安代風(≧▽≦))

お弁当はーソーセージも卵焼きも冷めているけどー、
いつも美味しくない??・・・どう?

コーマル「ううん!美味しい!すっごく美味しい!」

でしょ〜!だから大丈夫!間違いなく美味しいよ!
みんな冷めてても美味しいねーってビックリするよ!

コーマル「そっか!о(ж>▽<)y ☆(キラーン)」

 

長女カンちゃんの言っていたコーマルのキラキラした目が、そこにあった。

しばらくすると・・・タタタタタタタっ!

コーマルの足音が、母の目の前で止まった。

 

image

 

コーマル「ママー!見てー!きゅうりサラダ!初めてカニカマを入れてみたんですよ!カン姉ちゃんがカニカマ入れてみたら?って教えてくれたんですよ!やっぱりカン姉ちゃん、すごいですねー!
ほら!自分でいうのも変ですけど、美味しそうですよねー!」

いつも以上に美味しくできたキュウリサラダを、いつも以上にやたらと謙遜しながら、
全力でPRする料理戦士。

そして、ここに4品目が完成した。

 

息子の宣言と母の葛藤。

コーマル「っふぅ〜。おかず、足りますかね〜?あ、お肉とかお魚とかないですよねー 。唐揚げとか作った方がいい気がする・・・。
それともトンカツかなぁ?
そしたら、カン姉ちゃんとかタイ兄ちゃんたち超喜びますよ!」

 

 

・・・え(・∀・)?!

今から唐揚げ?!

トトトトトトトトンカツ?!

 

うそ━━━(゚∀゚)━━━ん!!!
(ヤスバーン、心の声。)

 

いやいや、十分でしょ〜!コーマルが一生懸命作ってくれたってことが
みんな最高のごちそうよー!(もう3時間以上経過。母・必死。)

 

コーマル「うーん。おかずになる肉とか魚とかなんかないと、みんな、お腹いっぱいにならないですよ・・・」

 

 

・・・・この人、本気だわ・・・(;´▽`A“

 

 ・今から唐揚げ?トンカツ?!こりゃかなりの長期決戦よ。

・この場合、流れに任せた方がいいのか?

・一緒に作れば時間はだいぶ削減できる。とはいえ…

・いやいやここまで一人でやってきたのに、最後が共同作業はもったいない。

・これで十分!と押し切るか?でも確かに、村長とかタイ兄とか足りないよねぇ

・そうね・・・そうね・・・そうね・・・(母・心の葛藤)

 

 

 

そうだ!

ヤスバーンはコーマルにある提案を試みた。

その提案を聞いたコーマルは、すぐさま
最後の1品・長女カンちゃんへの恩返しの一品をこしらえるため、
またキッチンへと走っていった。

 

もうゴールはすぐそこまで見えていた。

(次に続く→)

【2018年8月6日 「お腹いっぱいになって欲しいから」より】

 

Please follow me!!

最新の情報をお伝えします

ABOUT ME
岡本安代
鹿児島を拠点に全国で活動するリアクション大きめのフリーアナウンサー。元鹿児島読売テレビアナウンサー。大家族率いるパワフルアナウンサーママとして日本テレビ系バラエティ番組「人生が変わる1分間の深イイ話」で密着放送以来、愛と元気溢れる肝っ玉母ちゃんぶりが全国的に注目される。5人の子育て経験を生かし、家事と育児と仕事の両立するための独自のマネジメント術が全国で話題となり、全国で行う講演会は、「聞いた瞬間から元気になれる」「明日が変わる」とリピーター続出、総講演回数1000回を超える。言葉の力「安代塾」主宰。メディア出演、司会業の他、朗読、演劇活動も行う絶賛子育て満開中の5人の子育てママウンサー。