岡本安代 OFFICIAL WEBSITE
子育ては、個育て、己育て。
オモウコト

私は、あなたを待っています。

大切な存在は、そうと分かっていながらも、失って初めて、その存在の大きさに気付かされます。

喪失感なんていう言葉では、到底表現しきれない、身を抉られるような痛みが、息もできないほどにズキズキと疼いて、どうにも堪りません。

世の中に、こんな辛い痛みがあることを、苦しみがあることを、知りたくもなかった悲しみを、ただひたすら持て余していました。

何もしてあげられない無力感と、いつか訪れるその日に怯えながら、一人で闘っていたように思います。
誰かに話すと、本当のことになりそうで……

職場から、涙をこらえて病院へ行き、精一杯の笑顔で夫と面会し、泣きながら帰宅して、帰りついたら号泣して……翌朝また、何事もない、平気なフリをして職場に行き……

職場は現実逃避の場でもありました。
誰も何も知らないからこそ、いつも通りの「日常」を過ごすことが出来ました。

でも、夫は常に、現実と向き合うしかなかったんですよね……
私は自分ばっかりずるかったなと思えてなりません。

でも、自分を保つためにはそうするしかなかったのもまた事実で……

宮澤賢治の「松の針」の一節が、胸に刺さります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おまへがあんなにねつに燃され
あせやいたみでもだえてゐるとき
わたくしは日のてるとこでたのしくはたらいたり
ほかのひとのことをかんがへながら森をあるいてゐた
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1年3ヶ月の闘病生活は、あっという間でした。
何の覚悟も、何の心の準備もする暇なんてなくて……あまりに突然でした。
きっと大丈夫! そう信じないと、とてもやっていけなかったから。

一昨年末、クリスマスの翌朝のことでした。
通算7回目の入院時、まだコロナ禍の前で、夫の個室に寝泊まりできたのは、最期を看取れたのは、今思うと、本当に恵まれた、かけがえのない時間でした。

暫くは気が張っていて、1月いっぱいは、何とか仕事も頑張りました。
ただ、そのタイミングで仕事が一段落ついたことで、張り詰めていた糸が切れてしまったようで、動けなくなってしまいました。

2ヶ月ほどほぼ寝たきり状態で、そうすると、まともに歩けなくなるんですね!
フラフラというより、ヨタヨタで、乳幼児といい勝負でした。

年度いっぱいは病休で、新年度からは1年間の休職に入りました。
このままでは本当に歩けなくなると思い、近所を散歩して、ようやく何とかまともに歩けるようにはなりましたが、6月の梅雨を迎え、一気に調子が狂いました。

梅雨前までは、新しいレインブーツや傘、レインコートをポチッと購入して、雨の日の散歩を楽しみにしていたのに、いざ梅雨入りすると、気持ちがどんよりと落ち込んでしまい、再び動けなくなりました。

この4月に復職しましたが、無理をしないようにと休み休み頑張っていたのですが、梅雨入りしてからまた調子を崩してしまいました。

梅雨が明けたらきっとまた大丈夫と言い聞かせつつ……

巡る季節と共に、また色んなことがフラッシュバックするのだろうと思います。
でも、そんな中で、先輩のブログや、もりもり学校は、少しずつ昨年の私を充電してくれました。
他にも沢山の方々の優しさに支えられて、今の私があります。

常に感謝の気持ちを忘れずに、今の自分を受け入れて、空を見上げながら(紫外線にだけは気をつけて) 、1歩ずつ進んで行けたらと思います。

長々と、失礼いたしましたm(_ _)m

大切なメッセージ、ありがとうございました。
この場所を選んでいただいたこと、勇気を出してくださったこと、心から感謝します。

こちらの記事にコメントを頂きました。
公開メッセージだったのでこちらにて共有することをお許しください。

 

元気もりもり学校、午後9時からスタートです。
今夜もお待ちしております。

全国のモリモリスト、やすモリストのみなさん、
またお会いできるのを楽しみにしております。

私は、あなたを待っています。

 

ABOUT ME
岡本安代
鹿児島を拠点に全国で活動するリアクション大きめのフリーアナウンサー。元鹿児島読売テレビアナウンサー。大家族率いるパワフルアナウンサーママとして日本テレビ系バラエティ番組「人生が変わる1分間の深イイ話」で密着放送以来、愛と元気溢れる肝っ玉母ちゃんぶりが全国的に注目される。5人の子育て経験を生かし、家事と育児と仕事の両立するための独自のマネジメント術が全国で話題となり、全国で行う講演会は、「聞いた瞬間から元気になれる」「明日が変わる」とリピーター続出、総講演回数1000回を超える。言葉の力「安代塾」主宰。メディア出演、司会業の他、朗読、演劇活動も行う絶賛子育て満開中の5人の子育てママウンサー。