岡本安代 OFFICIAL WEBSITE
おうちごはん

汁物、美味し。

番組のオンエアを終えて家に帰ると末っ子コーマルが、
一生懸命ご飯を作ってくれていた。

母は驚いた。

『ママがお仕事を頑張ってるから、コーはご飯をちゅくるから!』と言う。

『ママはあっち行ってて!ひとりでしゅるから!』

母は言われるがまま、あっちへ行った。
↑実はこの行為こそ、子供が小さければ小さいほど勇気がいる。

しばらくして、『できたよー!』と声が聞こえる。

 

…え?問い合わせ、何もなかったけど?
全部自分で?作ったわけ?

恐る恐る、台所に行ってみた。

彼はしたり顔で待っていた。
彼の指す方向には、完成した、彼の作ったお吸い物がお椀に用意されていた。

沸騰したお湯に、人参を切って、昆布を入れて、煮立てたあとに、醤油を入れて、完成させたらしい。

言葉を選ばずに言うとすれば、

いわゆる母のモノマネであり、それはつまり、
リアルおままごとだ。

出汁をとろうという努力に、思わずニンマリしてしまう。

『美味しいよ!食べてみて!』と母にすすめながら、ほぼ、自分が食べていた。

息子に誘われるがまま、母も早速頂く。

昆布の風味は素晴らしかった。
が、味は、ほぼお湯だった衝撃。

しかし、自分で作った味はどうやら格別らしい。

満足そうに、笑っていた。

美味しいでしょ!と言わんばかりの笑顔だった。

母が手直しするでもなく、彼は、すぐさま家族全員分を配膳し、結局、兄弟みんなが出汁のきいた、ほぼお湯のお吸い物に舌鼓を打った。

『これ、コーがひとりで?すごいじゃん!』
長女カンちゃんに褒められてご満悦のコーマル。

もはやお湯の吸い物を、称えながら美味しくいただく兄弟の姿。
…泣けてくる。(T . T)

『おかわり、しゅる?』という台所ミニ番長の声かけを背中で確認しながら、
母は次のロケ先に向かった。

『ママー!行ってらっしゃーい!』

みんなおかわり、したのだろうか?←かなり気になる。

そんな思いを抱きながら、次の現場へ。

スタッフさんとの楽しいトークに身を委ねながら、濃厚なロケタイム。

夕方、足早に帰宅すると、
長女カンちゃんが、台所に立っていた。

『コーマルのスープ、リメイクしようかと思って。』

中の具材を取り出して、作り直していた。

さすが、長女。

『これさー、人参とセロリが入ってるんですよねー、こうなると、玉ねぎ入れて、コンソメ入れたくなるけど、残念ながら、コンソメがないんですよ。お味噌汁にしますけど、いいです?』

も、も、もちろん!

『あら?これから少年団ですよね?いいですよ!行ってきてください!』

あ、あ、ありがとう。

このところ、母のばたばたな毎日に、長女は、ますます何かを悟り始めた気がする。

娘に見送られて、少年団へ向かう母。
↑そういえばアタシったら、育成会長( ̄▽ ̄)

息子の練習を横目に、事務作業に精を出す。

練習後は慌てて家へ。毎日がフルスロットル。

帰宅すると、玄関までお味噌汁のいい香りが漂っていた。

弟からバトンを引き継いだ、あのお味噌汁だ。

嗚呼、汁物、美味し。

【2015年4月27日 「汁物、美味し。」より】

 

 

■最後にポチッとお願いします。

OnlineSalon👉「わくわく⭐️未来会議」

Please follow me!!

最新の情報をお伝えします

ABOUT ME
岡本安代
鹿児島を拠点に全国で活動するリアクション大きめのフリーアナウンサー。元鹿児島読売テレビアナウンサー。大家族率いるパワフルアナウンサーママとして日本テレビ系バラエティ番組「人生が変わる1分間の深イイ話」で密着放送以来、愛と元気溢れる肝っ玉母ちゃんぶりが全国的に注目される。5人の子育て経験を生かし、家事と育児と仕事の両立するための独自のマネジメント術が全国で話題となり、全国で行う講演会は、「聞いた瞬間から元気になれる」「明日が変わる」とリピーター続出、総講演回数1000回を超える。言葉の力「安代塾」主宰。メディア出演、司会業の他、朗読、演劇活動も行う絶賛子育て満開中の5人の子育てママウンサー。