岡本安代 Official Website
5人の子育てママウンサー 全力で今を生きる
おうちごはん

【母の鶏むね肉チャレンジ】鶏のネギダレ彩り弁当!

いつもご訪問ありがとうございます。5人の子育てママウンサー岡本安代です。

走り続ける岡本家。の台所番長として、食卓や台所での何気ない日常を綴っています。

家族みんなでお弁当を作り合おう「岡本家弁当番長シリーズ」
今ある日常こそ宝物。お付き合い頂けますと幸いです。

代打出動。

6月18日、木曜日。
弁当番長、長女カンちゃん降臨!

 

・・・・のはずだった。

しかし、彼女は大学生になって、オンライン授業が始まってからというもの、
どこぞの研究者のように、部屋に閉じこもり、課題、レポート、プレゼン、予習、復習に追われ、睡眠、食事時間を削るだけ削って、日々臨んでいる。
膨大なレポート提出のため、朝になってもビクともしない。
母やすバーンとしては、想定の範囲内。
むしろ熟睡しているようでホッとした。無論、作るつもりでいたから。

 

よし。弁当番長、母やすバーン、始動。

片栗粉の魔法

・・・さて。何作ろう。
とりあえず、今の時間からだと、時短、簡単が最優先。
ひとまず、鶏胸肉をそぎ切りにした。
こういう時、一番悩むのが、メニューだ。
何を作ろうと悩んでしまう。しかし、お弁当作りにおいて、その時間が最も惜しい。
しかも、チキンピカタに、チキン南チキンカツ、とり天といきたいところだけれど、
もしかしたら、金曜日の戦士が予定しているかもしれないので、
その領域を責めることは出来ない。(←妻、渾身のファインプレー。)
___ああ!そうだそうだ!こんな時こそ、神々様(読者様)からのアドバイス
のむね肉レシピだ!(ありがとうございます!)
___そうそう!片栗粉をまぶして、湯通しすると、なんとも言えない食感が楽しめる!
早速、薄切りの鶏胸肉に片栗粉をまぶし、湯通しした
加熱が進まぬように、氷水でキュッとしめ、
ザルにあげた瞬間、見事なツヤが、私を笑顔にする。

___おお!いい感じ!上等!上等!

気づかぬうちに、私はご機嫌になっていた。

塩でなく醤油で勝負だ!

なるほど、神々様(読者様)からのアドバイス
のむね肉レシピによると・・・塩ダレか・・・。
ん?!ちょっと待てよ!
タレといえば、最近、無敵の自家製ネギダレがあるではないか!
よし!塩でなく、ネギダレ醤油だ!!!
ニラをたーーーっぷり入れまして。
あ、それ以外のネギも盛りだくさん!
白ネギ、小ネギ、てんこ盛り!
ゴマもたーっぷり入れまして。
かぶるくらいのお醤油を。
地元鹿児島産の甘いお醤油。
香り付けに、ごま油をぐるり。
あー、もう美味しい。

旬のトウモロコシ降臨!

トゥルトゥルの喉ごし、鶏胸肉。
そして風味豊かなネギしょうゆダレ。
お?!ご飯が炊き上がった!
黒米玄米だ!
今朝は一升炊きだぞ!
炊き立てご飯の朝食は、最高の朝ごはんだ!
黒米、ネギだれ、そして鶏肉・・・
うーん、色味に偏りが否めない。
あ!そうだ!お隣さんから、スイートコーンを頂いたっけ!
よし!甘みも色味も、いいアクセントになるに違いない!
眩しいほどの黄色をみると、心が踊った。
加熱したスイートコーンを、かぶりつきたくなる衝動をグッとこらえ、
黄色い宝石を採取。
あ、そうだ!剥ぎ取った鶏皮は、フライパンで、カリカリに焼き、塩こしょう。
よし!役者は揃った。いよいよ盛り付けだ!!!

完成!母の鶏胸肉チャレンジ弁当!

まずは、お弁当箱に、玄米をセット。
そして、レタスを敷いていく。
せっかくの炊き立て玄米だけど、村長だけはブレずに白米。
そこへ、まずはトゥルトゥル胸肉が降臨。
そこへ、ネギしょうゆダレを惜しみなく(もちろん水気を切りながら)
ドーーーーンとのせる。
差し色に、スイートコーンとミニトマト。
鶏皮は、ご飯のトッピングとして、のせてみた。
完成!喉ごしムネ肉のネギだれ弁当!
ドーーーーーーーン!!!

おまけ/史上初の大絶賛?!

そして、午後。
矢継ぎ早にLINEが届いた。
しかも同じ内容で。
こんなことは、おそらく史上初のこと。
まずは長女カンちゃんから。

そして、夫村長から。

ちなみに、我が家では、何気にお米の他にも、醤油、味噌など村長だけは別仕様。
にも関わらず、大好評というのが、なおさら嬉しい。
さらには、両者とも驚くほど丁寧な文言で、お弁当の感想だけを述べているという、偶然。
こんなことは、初めてで驚く∑(゚Д゚)!
っていうか、そんなに喜んでくれて、嬉しいこと限りなし。
image
長女が恐縮するほどのお弁当に帰結できたこと。
弁当番長、冥利に尽きますわね。オホホ♪(´ε` )

全ての食材に感謝。
読者様に感謝。

Please follow me!!

最新の情報をお伝えします

ABOUT ME
岡本安代
鹿児島を拠点に全国で活動するリアクション大きめのフリーアナウンサー。元鹿児島読売テレビアナウンサー。大家族率いるパワフルアナウンサーママとして日本テレビ系バラエティ番組「人生が変わる1分間の深イイ話」で密着放送以来、愛と元気溢れる肝っ玉母ちゃんぶりが全国的に注目される。5人の子育て経験を生かし、家事と育児と仕事の両立するための独自のマネジメント術が全国で話題となり、全国で行う講演会は、「聞いた瞬間から元気になれる」「明日が変わる」とリピーター続出、総講演回数1000回を超える。言葉の力「安代塾」主宰。メディア出演、司会業の他、朗読、演劇活動も行う絶賛子育て満開中の5人の子育てママウンサー。