岡本安代 Official Website
5人の子育てママウンサー 全力で今を生きる
お弁当奮闘記

女子大生がタマネギで作りたかったもの。

いつもご訪問ありがとうございます!
そしていつも温かくお付き合い頂きまして、
心から感謝申し上げます!

岡本家台所番長奮闘記#タマネギ編

2020年4月16日木曜日、午前6時過ぎ。
この日
台所を温めていたのは・・・長女カンちゃん。

まさか4月も半分以上過ぎて、
台所に立つ彼女を見ることになろうとは思ってもみなかった。

巣立ちの予定日から早2週間。
入学式もなく、従業も延期。

長女カンちゃん、何を思う。

image

テーマはタマネギ。

このテーマを耳にした瞬間、彼女は言った。

「タマネギかー!!よし!家であまり出てこないメニューにしよう!!母上があまり作らないヤーツ!」

そのメニューを聞いたとき、

__え?!好きだったの?!それなら作ったのにーー!

母は思わず声が出た。

確かに、よく作るわけではない。

しかし全く作らないわけでもないからだ。

image

「え?!なんで出てこないんだろうなーって不思議だったんですよー!
食べたいけど、きっと母上好きじゃないから出てこないのかなって。」

__そうだったのか。

もう長女とは18年の付き合いになるが、お互い知っているつもりで知らないことも多いのかもしれない。

一口大に切ったお肉にしっかり下味を付けていく。

imageimage

「っていうか、豚肉ないから、鶏肉を使う時点で、もはや違うメニューなんですけどねー!(笑)」

 

何を隠そう、彼女が作りたかったのは「酢豚」

豚という名が明確に刻まれた料理で、(むしろそのもの)
まさかの豚がないとは。

彼女の中に「〇〇じゃなきゃいけない」という発想は、
だいぶ前に消滅している。

「ある材料でクリアするべし」という認識が基本スタンス。

さすが長女。もはや母ちゃん。大家族のエンゲル係数を分かっているようで。

 

準備8割調理2割。

image

材料の準備が整ったら、ゴールは近い。

役者が揃ったところで、全てを油通ししていく。image

酢豚は、この行程があるから、なんとも敷居が高く感じてしまう。

しかし、それをやってのけるのが、若さだろうか。作りたいという意欲だろうか。

油通しが終わった全ての素材たちは中華鍋の中で見事合体し、
小鍋からは容赦なく食欲を刺激する香りが爆発していた。

image

「おいしそっ!中華ってお弁当に最高ですよねー!
冷めても美味しいし!どうしよう?イイですかね?!酢豚だけで。豚じゃないけど。」

__いいんじゃあな〜い?!みんな喜ぶよー!時間もないしねーー!

image

(中学校休校前の出来事なので背後には完成を待つ中学生チームの存在あり。)

「ギリギリでごめーーーーん!できたよー!持ってってー!」

酢豚弁当ならぬ、酢鶏弁当第1陣、完成!

ドーーーーーーン!
image

長女よ。・・・実に美味しそうだよ。

そして、もちろん残りの家族の分も次々に姿を表した。

長女カンちゃん特製酢鶏弁当!
ドーーーーーン!

image

その夜。

「ごめんねー。卵焼きとかあればよかったけど。
酢豚のみで勝負!あ、豚じゃないけど(笑)」

姉の言葉が終わるか終わらないうちに、

弟たちはマシンガンのように打ち返す。

「いや、カン姉ちゃん!さすがですねーーー!

めっちゃ美味しかったーー!!!
ご飯が、足りなくなってしまった!!!」

「そうそう!ご飯が余ったりすることも多いのに!」

↑そ、そうなんだ・・・(笑)

弟たちは、興奮していた。

「豚じゃないから酢酉ですね!」

image

酉って、そっちかーい!・・・(゚∀゚)!

干支じゃないのよ・・違和感しかないけどもっ・・・

週1弁当番長活動カン姉ちゃん編。

作ることに意義がある。
続けることに意味がある。
全ての食材に感謝。

 

Please follow me!!

最新の情報をお伝えします

ABOUT ME
岡本安代
鹿児島を拠点に全国で活動するリアクション大きめのフリーアナウンサー。元鹿児島読売テレビアナウンサー。大家族率いるパワフルアナウンサーママとして日本テレビ系バラエティ番組「人生が変わる1分間の深イイ話」で密着放送以来、愛と元気溢れる肝っ玉母ちゃんぶりが全国的に注目される。5人の子育て経験を生かし、家事と育児と仕事の両立するための独自のマネジメント術が全国で話題となり、全国で行う講演会は、「聞いた瞬間から元気になれる」「明日が変わる」とリピーター続出、総講演回数1000回を超える。言葉の力「安代塾」主宰。メディア出演、司会業の他、朗読、演劇活動も行う絶賛子育て満開中の5人の子育てママウンサー。