岡本安代 Official Website
5人の子育てママウンサー 全力で今を生きる
お弁当奮闘記

【中3女子の作る】今自分が一番食べたいお弁当・前編

いつもご訪問ありがとうございます。5人の子育てママウンサー岡本安代です。

「走り続ける岡本家。」の台所番長として、食卓や台所での何気ない日常を綴っています。

家族みんなでお弁当を作り合おう「岡本家弁当番長シリーズ」
今ある日常こそ宝物。お付き合い頂けますと幸いです。

彼女は途方に暮れていた

1学期最終週。お弁当のテーマは
『自分の好きなものを作ろう!』

2020年7月21日。
いつもなら、夏休みの始まりを告げる、終業式の日。

しかし、今年は勝手が違っていた。
コロナ禍の休校により、絶対的に授業数が足りない。

今年、夏休みが始まるのは、まだ先のことだった。

火曜日の弁当番長、次女みーたんが動き出す。


おはようございます!
昨日奄美地方が梅雨明け。
今日の鹿児島市は晴れていますが、 とてもジメジメしています。
火曜日の今日は 弁当番長次女みーたん始動。
何を作るか悩みまくってる。。。 がんばれ!みーたん!

—#ツイッターより 岡本安代 (@yasuyookamoto)

いつもなら、前の晩にメニューを決めて寝るのが二女のルーティン。しかし、今日ばかりは困惑していた。

作りたいものと作れるもののギャップ

前の晩、次女ミーたんは、みんなからアンケートを取っていた。

Q:「皆さん、何が食べたいですか?!」

しかし、それが逆に彼女を苦しめた。
テーマは自分が作りたいもの。 作りたいのはみんなが好きなもの。
リクエストを受け止め過ぎて パンク状態。次女『どうしよう。結局何作ろう…』母『こんな時こそ原点!みーたんが作りたいものでいいのでは?悩んでる時間ないし‥』次女『いいのかなぁ‥』
今日のお弁当は優しさで出来ています
—#ツイッターより 岡本安代 (@yasuyookamoto)

次女「焼きそば、焼きサバ、麻婆豆腐、青椒肉絲、春巻きとか、ポテトサラダとか、、みんなバラバラで。どうしよう・・・何作ろう・・・」

母「・・・でもさ、もう時間ないよ。。。一番簡単で時間がかからない、焼きそば、作ったら?!」

みーたん「・・・一番、自信がない・・・焼きそば・・・。」

母「えーーーっ?!( ̄▽ ̄)!?・・・ちなみに、みーたんは何を作ろうって思ってたの?!」

みーたん「肉じゃが。焼きそばより、断然、自信がある・・・。」

母「へぇ・・・・。( ̄▽ ̄)決まってたんならアンケート取らなきゃ良かったのに( ´∀`)

みーたん「でも、肉じゃがは誰も望んでないもん。」

母「いや、とはいえ、時間もないし、間に合わなきゃ、元も子もないし。みんなわかってくれるって!」

優しい肉じゃが

次女「いいのかな・・・明日、タイ兄ちゃん、ジャガイモ使うって言ってたけど、ジャガイモ使っていいかな・・・」

どこまでもためらいながら、取り組むみーたん。

大丈夫!大丈夫!時間もないし!時間内に作り上げることが一番大事!

みーたん「すみません!ありがとうございます。」

謎の詫びとお礼のあと、黙々と肉じゃがを仕上げていく。

やはり作りたかっただけあって、実に手際がいい。
ざらめと醤油と酒、みりん。
甘辛い味わいの肉じゃがが煮詰まれば煮詰まるほど、
食欲をそそる香りは惜しげもなく家中を包み込む。

きっと誰もが、自分の提案したリクエストのことなんて忘れるだろう。母は確信していた。

「よし。煮込んでいる間に・・・」

みーたんがさらに動き出した。

さっきまでのためらいは、もうどこにもなかった。

(後編に続く・・・)

Please follow me!!

最新の情報をお伝えします

ABOUT ME
岡本安代
鹿児島を拠点に全国で活動するリアクション大きめのフリーアナウンサー。元鹿児島読売テレビアナウンサー。大家族率いるパワフルアナウンサーママとして日本テレビ系バラエティ番組「人生が変わる1分間の深イイ話」で密着放送以来、愛と元気溢れる肝っ玉母ちゃんぶりが全国的に注目される。5人の子育て経験を生かし、家事と育児と仕事の両立するための独自のマネジメント術が全国で話題となり、全国で行う講演会は、「聞いた瞬間から元気になれる」「明日が変わる」とリピーター続出、総講演回数1000回を超える。言葉の力「安代塾」主宰。メディア出演、司会業の他、朗読、演劇活動も行う絶賛子育て満開中の5人の子育てママウンサー。