岡本安代 OFFICIAL WEBSITE
子育ては、個育て、己育て。
オモウコト

彼らが教えてくれた。

彼らが教えてくれた。

人は誰かを想い続けることが出来る、ということを。

彼らが教えてくれた。

想い続ける、ただそれだけで、他の誰かに元気を与えたり、勇気を与えることができるということを。

6月5日。

今年も彼女は、来てくれた。
飛行機が苦手な彼女は、陸路で東京から鹿児島までやってくる。毎年欠かすことなく。

「ありがとう・・・」

これ以上の言葉が、他に見つからなかった。

申し訳なさそうに口にする姉のアタシに、
「私が来たいだけなんですから!」と、明るく笑う。

この会話を交わしたのも、今年で5回目になった。

ーピンポーンー

チャイムが鳴った。

玄関には、アイツの心友が立っていた。
「すみません・・・突然。」

雨にビッショリ濡れたまま、手には花を持っていた。

「あいつに手を合わせたくて。さっき鹿児島に帰ってくることが出来ました。」

東京から来てくれたアイツの心友は
高校からずっと共に歩み続けた、心の友。

アイツの青春時代を、共に泣き、共に笑い、共に生きていた。

{4BD54512-FE1D-4370-9342-1EF78903F44E:01}

「ありがとう」

姉のアタシには、またしてもこれ以上の言葉が見つからなかった。

アイツと心友。高校卒業後、鹿児島から上京した二人は、生活の全てを音楽活動に注いだ。

大学生生活の延長線にあるような、新社会人生活。

そして、もっと自由を!と仲間と共に起業した。

会社が軌道に乗れば乗るほど、自由は奪われていった。

アイツがいなくなり、ほどなくして、心友は独立した。
理由はいろいろあるに違いないが、
「アイツがいないと意味ないんで。」とアタシ達には言ってくれた。

帰ってきた心友は、ひと回りもふた回りも大きくなっていた。

独立した彼は、今や日本各地に顧客を持つまでになっていた。

「すごいねー!立派になってーーー!!!」

アイツと共に生きてきた心友の成長が、とても嬉しかった。誇らしかった。

姉のアタシは、心友の活躍を、いつの間にか弟に重ねていた。

「僕、勝手にアイツと一緒に(会社)をやってる気になってるんです。
年に一度はアイツにいろいろ報告しないと気が済まないんです。
だから、きょうもすみません・・・突然。」

東京を拠点に、それぞれ活動をしている心友達が、6月5日は、アイツの前にいた。

{F862B5EC-E24E-4F3E-9063-257DFD21E1E8:01}

6月5日。アイツが旅の途中で旅立った日。

アイツの為に奔走してくれた心友がいた。

「俺の誕生日の日に、俺の前からいなくなるなんて。
《俺のことを一生忘れるなよ》って言われてる気がするよ。」

誕生日を迎えたアイツの心友から届いた一通のメール。

6月5日になる度に、
ハゲてて、太ってて、汗っかきで、
友達想いで、シスコンの、
最高なあいつを思い出すよ。

あいつは永遠に30歳で…一緒におっさんになりたかったなぁ…
あいつの分まで精一杯生きよう!
まだまだ旅の途中だから。

そう。人生は旅のようなもの。一瞬で過去になってしまう今という瞬間全てが旅の途中。

旅の途中なのに、旅立ってしまったアイツ。

命があることは当たり前ではないんだと思う6月5日。

仲間をずっと思い続ける心友達の絆を尊く思う6月5日。

想い続けてもらえることをとてもありがたく思う6月5日。

そしてそんなアイツの姉であることを誇りに思う6月5日。

{C73983A3-2386-4E8B-89DC-86F056146AC2:01}

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
~アイツの「旅の途中」より抜粋~

命の運びを信じるのも信じぬのも全ては僕等次第。 

戦う意味なんて戦わないと得られないぜ
戦う中にこそ大義はそこにある。

辛く悲しきこともあるだろう
それでも僕らは前に進むだけさ
それは旅の途中だから

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

姉バカでかもしれないが、
アイツは世界でたった一人の最高の弟。

6月5日の度に思う。
よし。アイツの分まで、アタシも生きよう。

心友達へ、いつもありがとう。

【2015年6月5日付 「最高の絆」より 】
動画の最後にて、弟から言われた忘れられない言葉について語らせて頂きました。
もしよろしければ是非。
ABOUT ME
岡本安代
鹿児島を拠点に全国で活動するリアクション大きめのフリーアナウンサー。元鹿児島読売テレビアナウンサー。大家族率いるパワフルアナウンサーママとして日本テレビ系バラエティ番組「人生が変わる1分間の深イイ話」で密着放送以来、愛と元気溢れる肝っ玉母ちゃんぶりが全国的に注目される。5人の子育て経験を生かし、家事と育児と仕事の両立するための独自のマネジメント術が全国で話題となり、全国で行う講演会は、「聞いた瞬間から元気になれる」「明日が変わる」とリピーター続出、総講演回数1000回を超える。言葉の力「安代塾」主宰。メディア出演、司会業の他、朗読、演劇活動も行う絶賛子育て満開中の5人の子育てママウンサー。