岡本安代 OFFICIAL WEBSITE
お弁当奮闘記

2年目の風格。

朝。
誰よりも早く起きた男子がいた。
セーマンである。
気が付けば彼は中2になっていた。
2年目の風格。
早いもので、彼が弁当番長の1人として始動してから1年がたった。

思えば1年前の春。

中学生になったばかりのセーマンは
弁当番長として活動を始める自分にわくわくしていた。
小学生最後の春休み中は、
『中学生になる前に、練習したいです!』
お弁当を作った日々が、懐かしい。
しかし、中学生になった途端に、
コロナ禍で学校生活もままならず、
お弁当番長としての出番を失うことが多かった。
その分を埋めようと
機会があれば、
『僕が作っていいですか?!』と名乗りでる。
作れば作るほど、手際の良さが磨かれていった。
13歳の伸びしろを感じずにはいられなかった。

まるで、板長。

暴れん坊将軍だったセーマン、一瞬目を離したすきに姿を消すことが多かった。

それはつまり、幼い頃の彼は一瞬たりともじっとしているタイプではないことを意味する。

いつの頃からだろうか、ひとたび台所に立つと「無」になる瞬間が訪れるようになった。

彼が「動」と「静」を併せ持つようになったのは、
台所という場所を知ってからのように思う。

無心でキャベツを刻んだ。

image

そして、たけのこも刻む。

image

「母上、どうしましょうか〜。タケノコ使ってなにがありますかねぇ〜」

今週のテーマはタケノコ。

セーマンは昨夜から悩み倒していた。

あれやこれや、と悩んだ挙句、思いも寄らない方向へと終着した。

image

「チンジャオロースーとか作ろうかと思ったんですけど、料理本見てたら、やっぱり、食べたくなったんですよね。最高ですよね〜。タケノコ入れてもいいですよね?」

___いや、むしろタケノコが入ると歯応えが加わってとても美味しそうだ!!
いいじゃん!いいじゃん!

image

刻みキャベツ、刻みタケノコ、そしてひき肉。

この全てを豪快に混ぜ合わせる。

「よし!」

ここからもうひと手間。相変わらず、もはや夕飯の手間ひま。

これは、文句なしの献立だわ・・・。

母は、現場を離れ、朝食の準備へ。
セーマンは、一人黙々と作り続けた。

image

もはや、職人。

坊主頭の醸し出す空気は、いつものキッチンを板場に変えた・・・。

 

嗚呼、まるで板長のようだ。その安定感、ゾクゾクする。

次男特製メンチカツ弁当

だいぶ大きくなったもんです。

小学生から中学生の扉を開けた途端、急激に身長も伸びた次男。

image

ミンチ、キャベツ、タケノコをこねて、成形して・・・

image

お?!ハンバーグかしら?!

「すみません、衣用意してもらっていいですか?!」

なんと、カツにするらしい。衣を付け始めたではあるまいか。

image

朝だ。
今は時間との戦いがなんともシビれる、朝なのだ。

母にとって、フライというのは夕方もしくは夜の行動心理学。

「あとは揚げるだけですから。(きっぱり)」

image

セーマン・・・あなた・・・
ちょっと微笑んでいるではあるまいか。

今日は休日か?いや違う・・・。
最近、朝のお弁当作りにおいて、セーマンは笑顔を見せることが多い。

嬉しいのか?楽しいのか?
なんだかそういう類を超えてる気がする・・・

いわゆる・・・・ゆとりの笑顔だ。

余裕のない母とは大違い・・・・

↓余裕のない母。

少ない油で、大きめのフライパンで、蓋をして、一気に蒸し揚げていく。

imageimageimage

「よし!火が通ってる!」

imageimage

必ず、味見・仕上がりの確認まで怠らない、次男セーマン。

是非、村長(パパ)にも見習って欲しい。(←妻、心の叫び。)
↑村長は、味付けに自信がないのに、味見もしないだけでなく、高確率で味付けをし忘れるという強者。そしてそれを食べるのは子供たちという現実。オーマイガー。

そして完成した
次男セーマン特製
たけのこシャキシャキ食感!特製メンチカツ弁当!

image

お弁当用に、5人分、そして弟と母にも作り置きという、もはや仕出し屋セーマン。

image

大変良くできました。

全ての食材に感謝。

今日も元気に・・・・

行ってらっしゃーい!!!

image

動画はこちら。

 

■最後にポチッとお願いします。

■オンラインサロン👉「わくわく⭐️未来会議」

Please follow me!!

最新の情報をお伝えします

ABOUT ME
岡本安代
鹿児島を拠点に全国で活動するリアクション大きめのフリーアナウンサー。元鹿児島読売テレビアナウンサー。大家族率いるパワフルアナウンサーママとして日本テレビ系バラエティ番組「人生が変わる1分間の深イイ話」で密着放送以来、愛と元気溢れる肝っ玉母ちゃんぶりが全国的に注目される。5人の子育て経験を生かし、家事と育児と仕事の両立するための独自のマネジメント術が全国で話題となり、全国で行う講演会は、「聞いた瞬間から元気になれる」「明日が変わる」とリピーター続出、総講演回数1000回を超える。言葉の力「安代塾」主宰。メディア出演、司会業の他、朗読、演劇活動も行う絶賛子育て満開中の5人の子育てママウンサー。